つむじが薄い大学時代のカツラ生活から脱した育毛法

カツラでは、だめだ

若いころから、つむじが薄いといわれ気にしだして、大学生になったころには、ウィッグ(かつら)を付けていました。

ところが、ブログを見ていたらかなりショックな書き込みをみつけたんです。
彼氏をHしている時のことをつづったブログでした。
- - - - -
すごく気持ちよくなって、○○の髪をつかんだのね?
そしたら、髪の毛がいきなり塊で抜けたの。
びっくりして気持ちいいとかそういうのが吹っ飛んだ(笑)

髪の塊だとおもったのが、カツラって、ありえないよね?(大笑)
すぐに着替えて帰ったよ。それが別れた理由。わかった?(笑)
- - - - -

カツラでは、だめだと、その時気が付きました。

そこから発毛対策を模索し始めました。
隠していたことでもあるし、いまさら人に打ち明けられないので誰にも聞けませんからね。

ネットは、本当に助かりました。
育毛剤には副作用のあるものもあるし、人によって効果があったりなかったりする。
自分に合う方法を見つけたのは、ネットを調べ始めて1年半の後です。

でも、効果を感じたときは、ほんと、「やったー!」って気持ちでした。
これで、この先も、ハゲの不安におびえなくていいかと思うと、ものすごい解放感!!!

もちろん、まだ、ウィッグは、使ってますが、大学院を卒業と同時にウィッグは手放そうと思ってます。

発毛させるには、生活改善と体質改善

最初は、テレビで宣伝している育毛剤配合シャンプーを使って見たんですけど、待てど暮らせど。。。

実はテレビで宣伝しているものは、別の治療も併用した結果を映像として流しているとネットで知ってやめました。


ちょっと真剣に調べようと思い、最初に調べたのが、なぜはげるか。

不摂生してたりするとハゲやすいらしいですけど、要するに、100%体が機能していないといけないということらしいですね。

ハゲるからといって、毎日の生活があるから、成人君主のような生活はできませんし、それほど決定的な効果もなさそうなので、なるべく規則正しい生活にするということにしました。

タバコもいけないとか言われてますけど、それはあくまでもタバコ=悪の考え方から来ているようにおもいましたので、タバコをやめるのもやめました(笑)


そうなると、やはり、体質改善。

若干太ってきた時に体質改善を迫られたのですけど、食生活などでの改善は、超無理。

人それぞれの生活環境ってあるじゃないですか。なので食事での体質改善は無理。


病院での薄毛治療も考えたのですけど、保険適用外治療の為、高額。

しかも、体質がガラリと変わるわけでもなく、続けて通院する必要があるということで最初から治療の選択肢はなし。


となると、やはり、育毛剤に頼るしかないと思ったわけです。

育毛剤を調べると流石に沢山ありますね。


一番効果が期待できるのが、「女性ホルモン」

年齢を経て、女性ホルモンが少なくなっているおばさんを除いて、女性にハゲが少ないのは、この女性ホルモンが影響しているそうです。

そのため、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボン系の成分が配合されている育毛剤が多いように感じました。


中でもミノキシジルは効果があるみたいで、このミノキシジルは医療の薄毛治療でも利用されているそうです。

ミノキシジル配合の育毛剤からよさそうなものを探そうと思ったら、ミノキシジルというのは、もともとが高血圧治療の薬から派生したもので低血圧の人は気を付けないといけないという情報を見つけました。

特に血圧に問題はないけど、やはり、なんとなく怖い・・・


じゃあ、効果は落ちても安全なものを探そうと探していたら、キャピキシルというものを見つけました。

キャピキシルは、アミノ酸とアカツメクサの抽出成分を混合したもので、アカツメクサの抽出成分の中にイソフラボン系の成分が入っている。

しかも、イソフラボン系の中でも女性ホルモンと似た働きが強いらしく、キャピキシルを作ったメーカー発表ですが、ミノキシジルの3倍の効果があるということでした。


じゃあ、この育毛剤を使ってみようと使い始めて数か月。

産毛キター!

さよならウィッグ

最初に効果を感じたのは、使い始めて4か月ぐらいたってからかな?

産毛を発見した時には、ほんと、「やったー!」って気持ちでした。


これで、この先も、ハゲの不安におびえなくていい!!

これって、ものすごい解放感です。


もちろん、まだ、ウィッグは、使ってますが、大学院を卒業と同時にウィッグは手放そうと思ってます。


私の憂鬱さを開放してくれたキャピキシル配合の育毛剤